Bulk WHOIS API | 大量のWHOISデータに簡単アクセス | WhoisXML API

Bulk WHOIS API:複数のドメイン名/IPアドレスの解析済みWHOISデータをご提供

複数のドメイン名/IPアドレスのWHOISレコードを1回のクエリで取得できます。既存のデータをアップロードし、結果をCSV形式でダウンロードすることが可能です。

スタート

APIリクエストが500回まで無料。クレジットカードは不要です。

Bulk WHOIS API

Bulk WHOIS APIの特長

  • 完全性

    Bulk WHOIS APIでは、WHOISレコードに含まれる全てのデータ ポイントが取得可能です。これには、登録者の連絡先、住所、レジストラ、ドメイン名の日付(作成日、ドメイン名の年齢、有効期限、更新など)が含まれます。

  • 一貫性

    Bulk WHOIS APIでご提供するWHOISデータは、システムのと互換性がある一貫した形式に正規化されています。

  • 柔軟性

    ドメイン名のリストをアップロードすることもできますし、ファイルごとにユニークなリクエストIDを持たせて個別に検索させることもできます。

  • 利便性

    当社のAPIの応答には解析済みデータおよび生データが含まれます。XMLまたはJSON形式でご提供します。

実践的な活用法

サイバー犯罪の防止

サイバー犯罪の防止

サイバーセキュリティ専門家は、Bulk WHOIS APIが提供する正確で網羅的なドメインデータを駆使して攻撃者の一歩先を行くことができます。

法執行

WHOISデータベースには法執行に不可欠な情報も含まれているため、法執行官はしばしばWHOISでドメイン名の検証とチェックを行います。ただし、単に情報を持っているだけでは十分ではありません。当社のカスタムソリューションを活用すれば、ニーズに合わせて柔軟にデータを解析できます。

ドメイン名に関する変更の監視

ドメイン名の調査

WHOISデータにより、ドメイン名の取得、売却、登録を簡単にできます。しかし、単にデータがあるというだけでは不十分です。当社のBulk WHOIS APIではご提供する全てのデータは正確で、処理に手間がかかりません。

マーケティングリサーチ

オンライン分野で事業を展開し、既存のデータやシステムを強化しようとする企業にとって、Bulk WHOIS APIは不可欠です。WHOISのドメイン名情報は、オンライン市場の複雑なトレンドを把握し、既存のデータソースを充実させる上で大いに役立ちます。

ブランド保護

Bulk WHOIS APIでご提供するドメイン名情報から、お客様の商標を無断で使用している可能性のある全てのドメイン名について詳しく知ることができます。

セールス

新たなビジネスチャンス、パートナー、顧客をお探しですか?当社が提供するWHOIS情報は、そのニーズにお応えできるかもしれません。ウェブサイトのオーナーや管理者は、WHOISレコードから潜在的な利害関係者を特定し、連絡を取ることができます。

支払処理

決済処理業者や銀行は、Bulk WHOIS APIを使ってトランザクション詐欺を発見できます。WHOISデータにはドメイン名所有者の情報が含まれており、正当なエンティティのドメインレコードとの不一致がわかります。

支払処理
Bulk WHOIS API

APIリクエストが500回まで無料。クレジットカードは不要です。

スタート

Premium API Services

大規模APIデプロイメント向けの高速スロットリングが可能な専用ロードバランサーおよびプレミアムエンドポイントを備えた強化版もご用意しています。

詳細はこちら

Enterprise API Package

WhoisXML APIの年間サブスクリプションで、APIアクセスを最大限にご活用ください。アクセスの価格は、分単位で計算された月間のクエリ数に基づいて決定されます。

詳細はこちら