ドメイン名、メールアドレス、またはIPアドレスでWHOIS Lookup |  WhoisXML API

WHOIS Lookup:ドメイン名、IPアドレス、メールアドレスの所有者を検索

WHOISレコードからドメイン名やIPアドレスの登録情報を収集。今すぐお試しいただけます。詳細につきましては、プロダクトシートでご確認ください。

WHOIS Lookupの特長

  • あらゆるTLDに対応

    WHOIS Lookupには、7,596以上のgTLD・ccTLDにわたる5億6,500万以上のアクティブドメインの記録が含まれています。 

  • 入手しやすく使いやすい

    WHOIS Lookupレポートのデータは解析、正規化されており、理解しやすい内容になっています。クエリの結果は数秒で取得できるため、十分な情報に基づいた意思決定を迅速に行うことができます。

  • 結果は共有可能

    WHOIS Lookupのクエリ結果にはカスタムURLが付属しており、数回クリックするだけで関係者と簡単に共有できます。

  • 最新で正確なデータ

    当社はほぼリアルタイムでデータを収集、更新しています。ユーザーはドメイン名とIPアドレスに関する最新のWHOISインテリジェンスを取得できます。

実践的な活用法

  • WHOISレコードを検索してサイバー犯罪活動を特定

    脅威検出のスペシャリスト、デジタルフォレンジック&インシデントレスポンス(DFIR)チーム、そして技術者以外のユーザーも、WHOIS Lookupでドメイン名、IPアドレス、メールアドレスの詳細を調べることができます。不審なホストのWHOISレコードをもとに、マルウェアやフィッシングによる攻撃のリスクを軽減できます。

  • MDRに活用

    マネージド・ディテクション&レスポンス(MDR)サービスプロバイダを含むサイバーセキュリティ・コンサルタントは、WHOIS Lookupを活用してクライアントのネットワークに侵入する未知のドメイン名やIPアドレスを迅速にチェックできます。それらは、スパムやなりすましなど、ドメイン関連の攻撃に使用される可能性があります。WHOIS Lookupのデータを使用して、ブロックリストを最新化することも可能です。

  • 法執行を支援

    法執行機関は、特定のドメイン名の登録情報がオンライン犯罪ネットワークのそれとパターンを共有しているかどうかを迅速に確認できます。 WHOIS Historyを使えば、ドメイン名の過去の所有権に関する洞察を得ることも可能です。

  • 適切なドメイン名投資先を検索

    ドメイン名の投資家やブローカーは、WHOIS Lookupでドメイン名の空き状況、現在の所有者などを把握できます。

  • ドメイン名移管を円滑化

    ドメインブローカーやレジストラは、ドメイン名の移管を進める前にそのドメイン名を検索して、所有権に関する最新の状況を確認できます。

  • 製品の発売や起業家の動きを予測

    WHOISでドメインやウェブサイトを定期的に検索すると、新しいサイト名の登録から競合他社の新商品発売や国際展開を推測できる可能性があります。ビジネスプロフェッショナルに優位性をもたらします。

  • 不正な支払い要求を検出

    特定のメールアドレスについて検索し、登録が非常に新しい、更新の頻度が高すぎる、といったビジネスメール詐欺(BEC)やなりすましの兆候がないかチェックすることができます。

  • ブランドを保護

    WHOIS Lookupのクエリ結果から、ブランドジャッキングやタイポスクワッティングの可能性を調査したり、統一ドメイン名紛争処理ポリシー(UDRP)の申し立てを準備したりすることができます。

  • 新たなビジネス関係を安全にスタート

    新たなサプライヤー、顧客、パートナーとの契約締結や大量注文を行う前に、WHOISの情報を使用して相手の身元を確認できます。

Bulk WHOIS Lookupでより速くドメイン名を検索

ドメイン名のリストのファイルまたはテキストをアップロードし、WHOIS一括検索で結果を迅速に取得できます。

Bulk WHOIS Lookupの詳細はこちら
WHOIS Lookup | WhoisXML API

500 APIクレジットが無料。クレジットカードは不要です

スタート

Premium API Services

大規模APIデプロイメント向けの高速スロットリングが可能な専用ロードバランサーおよびプレミアムエンドポイントを備えた強化版もご用意しています。

詳細はこちら

Enterprise API Package

当社のWHOISデータは、API形式でご提供しているインテリジェンスの一部に過ぎません。クエリ量に応じた価格の年間サブスクリプションをご利用いただけば、クレジット不足を心配する必要もなくなります。

詳細はこちら