WHOIS Database Downloadは2864超のTLDを網羅 | WhoisXML API

WHOIS Database Download:7,596以上のTLDにわたる5億6,500万以上のドメイン名を網羅

WHOIS Database Downloadで、ドメイン名の登録者名、組織名、メールアドレス、連絡先などの重要なデータをダウンロードできます。

お客様のシステム要件に合わせたカスタマイズや統合が可能な、包括的で信頼性の高いドメイン情報をご提供します。

WHOIS Database

当社のWHOISデータの特長

  • 包括的

    .com、.net、.org、.info、.pro、.biz、
    .mobi、.coop、.asiaなどのgTLD、.uk、.fr、.cn、.ruなどの国コードTLD ( ccTLD )、com.au、org.au、qld.gov.au、wales.nhs.uk、co.ukなどのセカンドレベルドメイン(ccSLD)をカバーしています。

  • 高い関連性

    WHOISデータベースから5億6,500万を超えるアクティブなドメイン名に関するデータを取得します。当社のデータベースは毎日更新されています。

  • 広範囲

    当社は常にデータベースの拡張と情報の正確性向上に努めています。データは既存プラットフォームに取り込みやすいCSVまたは MySQLダンプでご提供します。

WHOIS Database Downloadとは

WHOIS Database Downloadは、ドメイン名に関する現在と過去の登録・所有権情報を含むインテリジェンスのリポジトリです。 WHOISデータベースは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)、セキュリティプラットフォーム、マネージドセキュリティプロバイダー、ブランドエージェントなど、さまざまなユーザーのお役に立ちます。

実践的な活用法

サイバーセキュリティ

デジタルフォレンジック・インシデントレスポンス(DFIR)コンサルタントは、WHOIS Database Downloadを活用してサイバー犯罪との関連が疑われるドメイン名のリストをクライアントに提供し、サイバーセキュリティ体制を強化することができます。

WHOIS Database Downloadは、フィッシングおよびその他のマルウェア攻撃に関連しているドメイン名を調べるための優れた手段でもあります。

サイバー犯罪の防止

セキュリティ分析と不正行為の検出

調査のニーズに合わせてセキュリティ侵害インジケーター(IoC)のリストを補強したり、脅威インテリジェンスの収集作業を改善したりするのに役立ちます。

脅威の検知

マネージドセキュリティサービスプロバイダー(MSSP)やマネージド・ディテクション&レスポンス(MDR)チームは、WHOIS Database Downloadを使って自分たちの脅威検出・管理サービスを差別化できます。

WHOISデータを活用すれば、ドメイン名の活動と脅威インテリジェンスソースを関連付け、脅威を検出、理解、緩和し、ウェブサイトの評判を評価することができます。

セキュリティプラットフォームのデータ強化

SIEMやSOARのシステムおよび脅威インテリジェンス プラットフォーム(TIP)をドメインインテリジェンスで強化します。

デジタルリスク保護プラットフォームなどにおいても、WHOISデータを使用してサーフェスウェブやディープウェブで特定されたホスト名、メールアドレス、IPアドレスに関するインテリジェンスを充実させることができます。

WHOISデータを他のサイバー脅威ソースと組み合わせて使用し、疑わしいインターネット資産を監視、検出します。

ドメイン分析

WHOIS Database Downloadは、サイバーセキュリティ専門家のニーズに対応できるドメイン名の豊富な情報源です。

マーケティングリサーチ

マーケティングリサーチ

インターネットの利用者層を調査する研究者は、WHOIS Database Downloadのデータから既存市場の成熟度を測定し、成長分野の芽を見つけることができます。

市場分析

数十億にのぼるWHOISデータから正確な情報を収集し、市場分析力を強化します。ドメイン所有者データで市場を理解し、収益を高めましょう。

ブランド保護

WHOISから得られる情報を活用し、潜在的な商標権侵害を未然に把握できます。インターネット全体を見渡し、評判やイメージを損なう可能性のある類似ドメインを探し出します。

市場予測

マーケティング研究者やアナリスト、コンタクトデータ・ウェアハウスは、WHOIS Database Downloadでドメイン名登録の傾向を調査し、市場を予測できます。

投資分析

投資銀行は、ドメイン名の登録データを使用してポートフォリオ企業に関するインテリジェンスを強化し、企業のドメイン資産を監視します。

支払処理

金融機関や金融関連の部門では、詐欺検出の機械学習を強化するためにドメインデータを活用しています。ドメイン名の所在地、年齢、IPアドレスなどのWHOISデータを使って不審な行為に関連しているドメイン名を発見し、必要な措置を講じることができます。

支払処理
WHOIS Database | WhoisXML API

WHOIS Database Downloadは、お客様のニーズに合わせて構成できます

価格などの詳細につきましては、プロダクトシートをご確認の上、こちらにお問い合わせください。

データベースを注文
WHOIS API | WhoisXML API

API統合も可能です

API統合の詳細はこちら